何となく思った疑問

※今回は何となく思った事を文にしていますので、ポップンやプレイ動画に関しては次の記事をご参照下さい。
ただ、出来ればこちらの記事にも目を通して頂けたら幸いです。

一,
自分が後から冷静に見直した時に、コメントした相手が「最悪こんな考え方を持たないか」という
相手の気持ちを考慮せず、勝手ながらにコメントを書いてしまう方

まず1つ目に掲げた例ですが、これはブログを(記憶の限りでは)約3年以上続けていますが、
訪問者のコメントによっては不快に感じられる文章もあります。
記事に関係無いコメント(スパムは人為的でないものが多い為除外)や
自分の自慢になる事を書いただけのコメントが該当します。

自分を大きく見せて自慢している(とは限らないが)のは
同じ人間として分からなくは無いのですが・・・正直"恥ずかしい"の一言に尽きます。
では自分がやられたらどうなるかといったら、そういう方に限って勝手に逃げる方が多いです。
まあ理不尽と言えば尽きない事ですが、少なくとも自分が同じ事をやられた時の事を考えて言動に注意して欲しいです。

勿論同じ人間である自分は自慢出来る点では結果以上に大きく見せたく思いますし、誰もがそう考えている筈です。
ただ、相手の不快にならないように加減や状況を考えて行動して欲しいものです。

二,
何か有った時に、表ではイエスマンなのに実際には嫌がっている事を後で嫌らしく言う方

これは自分にも当てはまるので治したい癖ではありますが、自分の性分でもある為になかなか治せないものです。
ただ、嫌だと思える事に関して素直に「嫌」と言える事・・・これは自分の意見を言う事になるので非常に大事です。

嫌らしくでは無くても、もしそれが相手に見られたら少なからず相手は不快に思えます。
ブログの記事やチャットの何気ない一言が相手を不快にさせるものなので、言葉には十分注意して下さい。

三,
相互リンクを受け付けたものの明らかにその後の動きが無い方

これは自分がTOPに注意書きを記述し切っていなかったので自分のミスによるものでもありますが・・・
詳しくは分かりませんが、相互リンクを多く貼る事で自分のブログを大きく見せるという方が居るようです。
正直初めてのコメントで「相互リンクの件の申請」は頂けません。

相手が誰だか分からず、ブログの記事を少し見ただけで直ぐに申請する行為は
相手の表を見ているだけで安心している可能性が少なからず有る筈です。
相手の裏を見る・・・という訳ではないのですが、少し接して本当に大丈夫そうかなと思ってからの申請を奨めます。

ちなみに自分の方法としては相手のブログに何度かコメントをさせて頂き、
本当に気が合う(語弊有り)と思った時点で相互リンクの申請を行います。

もし様子見として猶予期間中に、この人と会わないかなと思った時点で
そのブログへのコメントの投稿は控えて、時期をみてブログとの関わりを切り捨てます。
但し少しでも関わりがある(YouTubeで登録をした、チャットで会話した等の)場合は除外と致します。
このやり方に共感をもてない方は相互リンクを外して頂いて構いません。



とりあえず自分が思った事に関しては以上です。
まさかちょっとした事でも記事1つ分に成り立つ文章量になるとは思いませんでしたが・・・

もし私「気まぐれのピチュー」に少しでも非が有ると思える行動や言動が有る場合は、極力ご指摘をお願い致します。
自分でも何かしらの非を見つけようと努めてはいますが、自分を客観的に見るのは非常に困難だからです。
自身を客観的に判断する為には相手が居るからこそ成り立つものであり、
自分では気付かない事項を指摘される事で、少なからず見えなかった自分の悪い所が理解出来るからです。
但し、ただの批判の類のコメントに関しては受け付けませんのでご了承下さい。

これで終わりに致しますが、この記事をご覧になった方には正直重い記事で申し訳なく思っています。
こんな私ですがブログ共々「気まぐれのピチュー」を今後とも宜しくお願い致します。

以上です。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

気まぐれのピチュー

Author:気まぐれのピチュー
2009年5月3日(日)にblog開設
現在10年目

まだまだ未熟な所が多過ぎる
気まぐれのピチューです。
更新目安は毎週日曜日です。

「基本情報技術者試験」と
「普通自動車第一種免許」を
取得していますが、活用
しきれていないかと・・・

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
相互リンク +α
COUNTER 合計
COUNTER 只今ご覧頂いている人数
現在の閲覧者数:
メールフォーム
何か要望等御座いましたらお気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード