太鼓さん次郎 jubeat譜面の創作方法

この記事では「太鼓さん次郎」を利用してjubeatの譜面を創作したい方の解説ページとなっております。
あくまで自分なりの解説方法なので非常に分かりにくい所もあるかと思われます・・・

(1).tjaファイルの最初にGAME:Jubeを追加して下さい。

説明1

ちなみに上の記事では合計8つの項目がありますが、これは各個人で決めて下さって結構です。
更に項目を減らしても構いませんが、jubeatで譜面を創作する場合は必ず「GAME:Jube」を入れて下さい。
※また、必要最低限の項目は必ず記入して下さい。

(2)次に譜面を創作する為に、叩かせたいパネルを表示させる為に以下のパターンを記憶する必要が有ります。
ただしこれは16進法の知識があれば記憶しなくても簡単に創作できますが、今回は16のパターンを一挙に書いていきます。
■を叩かせるパネル、□を空白のパネルとします。
※説明の為、まずは横1列(4枚分)だけを表示させます。本家である横4列分は後で説明します。

1 □□□■
2 □□■□
3 □□■■
4 □■□□
5 □■□■
6 □■■□
7 □■■■
8 ■□□□

9 ■□□■
A ■□■□
B ■□■■
C ■■□□
D ■■□■
E ■■■□
F ■■■■

※A=10 B=11 C=12 D=13 E=14 F=15

ちなみにこれは16進法の考え方(?)だと、一番右のパネルを1、次の左が2、次に4、次に8という値として考えます。
叩かせたいパネルの1行が「□■□■」というパターンであれば、1と4が該当しますので5を入力します。

説明2

横4枚の1行が縦に4列分ある訳ですから、数字を4つ並べれば1つの譜面となります。
以下の画像の例は違う行同士での同時押しを1回で叩かせる場合を考えてみました。

説明3

(4)4分譜面を創作する場合は4桁の数字の塊を横に4つ入力して下さい。
同じように8分譜面の場合は塊を横に8つ入力して下さい。
同じく16分譜面の場合は塊を横に16個入力して下さい。

1200 2100 8400 4800,
1200 2100 8400 4800 1200 2100 8400 4800,
1200 2100 8400 4800 1200 2100 8400 4800 1200 2100 8400 4800 1200 2100 8400 4800,

(5)注意点としてjubeatでは、他の音楽ゲームのように流れてくる音符が見えるという訳ではありませんので、
同じパネルを8分間隔で叩かせたり16分間隔で叩かせるのは個人的にはあまり宜しくないと感じます・・・
曲のBPMにもよりますが、4分くらいの間隔ならば問題ないでしょう。

以上で解説は終わりです。説明が下手で申し訳ありません・・・
疑問が生じたらこの記事にコメントを御願いします。自分の分かる範囲で極力お応えします・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

この説明を見てたら分かったのですが太鼓さん次郎はjubeatにも対応していたのですね!!!

知りませんでした・・・

> ぴか 様

「太鼓の達人」とは違って、「jubeat」は慣れていないと譜面を創作し辛いですが、
もし「太鼓の達人」以外の音ゲーとして「jubeat」もプレイしているのなら・・・お薦めします・・・!

ただ、自分は一切jubeatをプレイした事が無いので、
創作譜面としての質は・・・・・・・・・・かなり酷いものでした・・・(冷や汗)
プロフィール

気まぐれのピチュー

Author:気まぐれのピチュー
2009年5月3日(日)にblog開設
現在10年目

まだまだ未熟な所が多過ぎる
気まぐれのピチューです。
更新目安は毎週日曜日です。

「基本情報技術者試験」と
「普通自動車第一種免許」を
取得していますが、活用
しきれていないかと・・・

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
相互リンク +α
COUNTER 合計
COUNTER 只今ご覧頂いている人数
現在の閲覧者数:
メールフォーム
何か要望等御座いましたらお気軽にどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QRコード